レストアとは : 近年は、レストレイションとして正式な呼び名(海外で通じる名称)が定着した感が
              有ります。
              欧州では、個別の専門職として「マイスター」の称号が与えられています。

              車体の修復・エンジンのオーバーホール・内装の修復・交換パーツの有無など、技術
              だけでは無く、資料(パーツリスト・整備書など)以上に重要なのは、熟知したマスター
              の存在と蓄積された、頭脳が必要な要素となります。

    
    鈑金などもレストアの高度な技術を、支える重要な要素の一つに、パーツの供給があります。
    技能や知識・金銭だけでは、どうしても解決出来ない事柄の事です。
    国内・海外との企業取引だけでは無く、人脈を通じた交流からもパーツを入手することが有ります。

    使用パーツ(基本的に日産純正パーツ)のパーツリストの提示や、作業工賃・画像など総て納車時、
    または、画像(CDR焼き)をお渡しいたします。安心の総て公開・データー付きです。
    総ての作業は、当自社工場内にて、整備・鈑金・塗装(遠赤外線ブース設備)を行います。



 
   塗装のブースは、特注文の大型ブースを設置して、圧送の大型吸気ファンと大型排出ファンにて送風し、
   IC関連の精密機器を製造するメーカーの、ミクロフイルターを採用・設置しています。
   ブース本体は、50mmの断熱アルミパネルを採用して、熱の放散を防いでいる。
   
   ブースの左右には、全面大型の遠赤外線パネルヒーターを、設置して最新最高の熱伝導システム
   を取り入れています。
   (通常一般的には、石油ヒーターのバーナーで、熱風を吸気ファンより取り入れているので、常時風が
   回っているため、ダストが舞い付着しやすいリスクがある。)

   もちろん、遠赤外線ヒーターパネルの設備費は、高額ですがこだわりと利便性を買いました。

   照明の蛍光灯も、米国製のスパイラル管と呼ばれる、太陽光と同等の光波長を出す、最高性能の
   照明機器を設備しています。


 
  
   事前にお申し出ください。ETC装備の車両をご用意いたします。現在、4台の車両を使用していますが、
   レストアの場合、長期に渉る案件が多いので、ご相談ください。 予約をお願いいたします。

   関東一沿、引き取りの場合2万円となります。それ以外の地域は、当社または代行業者
   (旧:日産陸送)など依頼いたします。内容により、無料になる場合もありますので、ご相談
   ください。 遠方では過去に、富山:新潟:愛知:名古屋のお客さまの、ご依頼を担当いたしました。


 (税抜き表示) レストア資料画像は順次公開いたします。       平成21年3月現在

総額表示 自家用乗用車(参考車は"Z”基準)
フルレストアの事例(案件1) 総額 約 4,500,000
   「S30系の240Z」内容
    約2年の日数
一番車両レストア依頼が多い車種です。約40年ほど前の車両ですが、パーツは
特定の部品を除けば、比較的入手は可能な車種です。世界中に今だ多くの
熱狂的なファンを持った、日本を代表する世界のスポーツカーです。

こだわったレストアをさせて頂けるのは、職人として名誉で有り責任と責務を果たすべき
技術と完成度を提供出来ることをお約束いたします。
レストアの事例・費用(案件2) 総額 約 2,500,000
「S30系の240Z」 内容
    約5ヶ月の日数
  
 西暦’93年3月〜6月:約5ヶ月
やや古いレストアの案件・事例です。 もう入手不可能なパーツを使用しているのが、
ここでの画像の面白いところかと思います。
240Z特有のマルーン色から、ホワイト(新色)となり、当時のアイボリー色とは、
異なります。 その後、事故が有り大破しましたが、修復しています。
・・・ レストア事例の画像紹介 ・・・
レストアの事例・費用(案件3) 総額 約 2,500,000
「Z31系の300ZR」 内容
    約8ヶ月の日数

 平成20〜21年の作業

走行距離40万kmを越える強者車でした。 エンジンは2度交換したとのこと。
過去に大きな修復歴が有りました。その時の修理も起因して、腐食原因となったヶ所も
見つけることも有りましたが、年式以上に走行距離と保管状態もあるでしょう。

レストアの事例・費用(案件4) 総額 約 4,200,000
「S130系のターボ」 内容
    約2年6ヶ月の日数

専門雑誌に紹介された車両で、イベントに参加・展示したことから、撮影の依頼を受けました。
同時期に同じ車両を2台レストアをしましたが、パーツ集めに苦労しました。
絶版パーツの保管、中古パーツの海外調達など多面に渡り楽しく作業をさせて頂きました。

レストアの事例・費用(案件5) 総額 約 6,200,000
「Z32系のターボ」 内容
    約1年3ヶ月の日数

最初の作業に入り、日産部販へ発注したパーツ代金が、2ヶ月で200万円を超え、
お客様のご要望をセーブした思いが有ります。 ワンオーナー様のこだわりは、無限の
欲望と推測しました。しかし、その思いは、確実に現場の我々に伝わってきました。



※  こだわったレストアをさせて頂けるのは、職人として名誉で有り責任と責務を果たすべき
 技術と完成度を提供出来ることをお約束いたします。


※  塗装には、旧車とは言え特殊な色塗装などが有ります。 資料と配分データーなど、驚くべき資料を永く保管して
    してきました。 こんな見えないこだわりから収集してきた、データーがコレクターの皆さまのご要望に応えることが
 出来ました。今後も、一層の精進をして参ります。応援を宜しくお願いいたします。


  
 
   日産が生産工場で使用しているメーカー製品です。日本油脂(RM)社です。もう25年間、製品の
   科学的特性や内容は、替わって(進化・高性能化)いますが、純正色なので色合わせがしやすく、
   資料や輸出専用色など、データーが入手しやすい企業関係にあり、採用しています。
   (あのR35・GTRの特別色もこのメーカーの製品です。)

   その他、アンダーコート樹脂・各シーラー材・FRP樹脂・パテなど国産製品は、もちろん米国製・
   3M社製、ドイツ製・グラスリット社製、オーストラリア製・クロームメッキ塗装など、最新の情報
   を常に収集して、商品化に取り組んでいます。

   旧車など、劣化したシールングなどは剥離・削除して、最新のウレタン製素材を塗布し、将来の
   耐久性はより向上しています。 こうした作業中も当時の表現(素材の外観など)には、十分に
   こだわりと注意を払っています。 オリジナルの状態は、大切に後世へ伝えたいと願っています。 


お問い合わせ・お申込は

直接お電話頂くかFAX若しくはメールにてお願い致します。

ダイレクト電話:04−7124−7441
 
FAX:04−7124−1051
ページ最下部の「FAX用 お申込用紙」(PDFファイル)をご利用下さい。
 
メール

FAXでのお申込の場合は、以下のPDFファイルをプリントアウト・ご記入頂きお申込下さい。
FAX用 お申込用紙
※マウスの右クリックで「対象をファイルに保存」を選び、ダウンロードして下さい。
※Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、ここからダウンロ−ドしてください。