最新情報・日産フェアレディZ関連情報

Information  2020年 DATSUN FREEWAY "Blog"
    
    ・・・ やや更新が、少なくなっています。すみません、ガンバリます。(令和2年3月記) ・・・
        Win7で構築したページが、Win10で開くと、画像などの配列が乱れるヵ所があります。
        順次、訂正などしていますが、間に合わないページなどが有り、ご容赦ください。

        
  2008年 2009年 2010 年 2011年  2012年  2013年
  2014年ブログ      
        
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・ ■ ■ ■ ■ ■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
























  11月23日(月曜日)

 ○ 新型Zも公開され、いつくかのイベント会場で、その外観や
   詳細が発表されたので、(エンジンルームは未だ未公開)
   日本・米国の多くの方々に羨望を与えてくれました。

   3リッターに排気量は縮小されたが、復活したツインターボ
   は、これまで北米仕様に先行して販売していた、G37クーペ
    に搭載していたので、その好評は周知していた。

   その車体を飾る、デザインは、初代240Zと絶大な人気を
   誇る、Z32をオマージュしたと伝えられた。

   その時代・時代を飾ってきた、歴代のZ達!
   今回、オマージュとされた、2020年”Z"に貴方は、何を予感
   しましたか。

   最後のレシプロ・ガソリンエンジン”Z"になるかも・・。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・























  09月11日(金曜日)

 ○ ようやく本気で、時期型”Z”の発表が進行してきました。
   来週よりは、米国内で”Zcon2020”が、開催されます。

   大きなスクープは有りませんが、断片的な情報や、他の
   予想や夢のデザインなど、楽しませて頂きました。

   Zを、Zeroとリンクさせた、デザイン会社のYouTubeは、
   大戦中の”零戦”との合成で、思いが沸き上がった。 

   米国ので発表は、同時に日本での発表とリンクするようです。
   どこまで見せてくれるのか、その全体像はシルエットの見て
   いますが、とても楽しみですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


































  08月31日(月曜日)

 ○ ちょっと、朝は涼しさを覚える月末を迎えました。
   長期政権を誇った、安倍氏の猛政が終わりました。

   さて、やや政局には無関心の我々平民は、日々の仕事
   に追われています。

 〇 1982年・280ZXターボの、フルレストアが本格的始動に
   入りました。 
   車体の部分鈑金は、着手途中ですが、エンジン・ミッション
   を降ろして、それぞれのO/Hと、エンジンルームの分解を
   しています。
 
 〇 この間、Z34のオーバーヒート対策や、Z31・Shiro1988年
   の車検やサス交換・カムカバーオイル漏れ、ZRやZ32の
   オイル漏れやインタークーラー外れなど、一般整備進行。
   旧車はS30電動パワステ、各メーター修理とLED球照明化。

   通販は、遅れていたダッシュマットが60台分近く、通関から
   解放されて、精査・発送に先週を費やしました。

   課題も残されています! 輸入が間に合ってない!
   パーツの生産廃止で、作業が停滞! コロナで動けない!
   地味な作業では、Z32の内張り修理など、公開です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
































  08月30日(日曜日)

 ○ まだ、残暑は続きますが、コロナのこの時期に読んだ記事
   について、触れてみました。

   それは、経済新聞の記事でしたが、官製による「日産」と、
    「ホンダ」の合併事案でした!

   もちろん、驚きでしたが、両社の体質や志向性を考えれば、
   無理でしょうと思います。(自動車を知る人は無謀と)

   しかし、熟読してみると、今の日本は人口の減少傾向が
   あるのに、日本は自動車メーカーが多すぎると!

   トヨタ・日産・ホンダ・マツダ・三菱・ダイハツ・スズキ・いすゞ・
   日野・ダイハツ・スバル・・・まだ、有ったかな?

 〇 もちろん、これらの幾つかは、協力提携関係には有ります
   が、日産には外資の傘下にあり、継続的な赤字体質です。

   数年前にも、同じような話が有りました! それは「日産」と
   「ホンダ」と「三菱」の合併案でした。
   この時の論評は、資本の三菱(旧財閥)、変革進歩派の、
   ホンダ、工場規模の大きな日産との意味合いでした。

   我々、外からみている者には、面白い事案ですが、皆さん
   は、いかがでしょうか?・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





























  08月24日(月曜日)

 ○ えっと、また通関でつまずいています。
   コロナの影響で、主にカリフォルニア州内の滞りも有り輸入
    が遅れているのに、・・・またかで・・・! すみません。

   通関の問題だけでは無く、当社の訪米や海外事業の確認
   など、輸入・輸出業務にも支障をきたしています。

   ほぼ全海外へのEMSや荷物の発送が出来ません!
   しかも、再開は未定です・・・。

   イタリアの友人からは、どうしても急いでいるからと、送料
   が高くなりましたが、UPSで発送しましたが、EMSの1.5倍。

 〇 ようやく、通関をいたしました。
   久し振りの大井税関での通関申告を致しました。

   通関申告は、数年前から電子申告(以前は手書き)にな
   りましたが、それでも仕分け(類別番号の記載)作業が難
   題です。 自動車検査場(車検など)と同様に、官製の決
   めた縦割り行政ですが、現場の担当者は、とても丁寧・
   親切に指導をして頂けました、感謝いたします。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・












































 08月14日(金曜日)

 ○ どうにも、Win7からWin10への移行が、慣れません!
   返信メールが届かなかったたり、古い情報が整理出来て
   無くて、仕事や情報の取得に時間がかかっています。
   
    商品のページは、価格訂正や新商品など、更新はして
   います。 かなり古い商品などのご注文を頂き、感謝を
   しています・・探すのに手間取りすみません!


 ○ 7月中の更新(HPのブログのみ)が、全く出来なかった!
   私もスタッフも、猛暑のなか仕事に奮闘しています。

 ○ 私の担当は、Z32ターボの鈑金と、塗装と足回りの交換!
   左右両側面と、足回りの事故に、全塗装!

   昨年暮れから、1〜2月にかけて、事故車の台数が増えて、
   塗装鈑金作業が、過密していました。
   塗装ブースは、1台なので他のスタッフとの共有使用をして
   いるため、予定が遅れ気味になっていました。

   Z32の全塗装は、ブラック色。 こうした自動車の塗装業で、
   一番厄介なのが、ストレートのブラック塗装です。

   塗装中の小さなダストでも、細心の注意をはらいます。
   ミクロサイズのダストでも、黒い塗装の表面では見立ます。
   ダストは、セラミックカッターでカットしたり、#3000番の
   超微細ペーパーで研磨してから、3種類のコンパウンドや
   専用のポリッシャーで光沢を追求いたします。

   状態によっては、再塗装を致します。手間が掛かります。
   黒い塗装の難度を、ご理解していただきたいですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



































 06月29日(月曜日)

 ○ あっと、思っているうちに月末に!
   こんな中、多忙でいられるのが、幸いです。
   多くの飲食店や、ホテルなどの営業が、2ヵ月振りに再開。
   ようやく日常が戻ってくるのか・・・。


 ○ Z31/ZRのエンジン交換がスタートいたしました。
   中古エンジンのリビルトから作業に入りました。

 ○ Z34に中期のnismoリアーウイングを取り付け。
   もちろん新品・色付きで、約87000円でした。

 ○ 3月からお待ちいただいた、S130後期ターボ車のエアコン
   取り付けの、ACコンプレッサーのOH(オーバーホール)。
   輸入品にも頼りエアーでの緊急輸入!
   もう、2年前からの懸案でした。

 〇 Z34に久々のグラフィックストライプを施工。
   やっぱり、カッコイイですね。

 〇 手こずっていたのが、Z32のサイドシェル鈑金!
   左右の4ヵ所を、切開などでの鈑金。 しかし、この部位は
  4枚の鋼板で溶接されているので、容易な鈑金では出来
  ない箇所です。・・・ぶつけ無いでください>。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


































 06月01日(月曜日)

 ○ ようやく”非常事態宣言”が解除されました。
   どうなのでしょうか? 世界は蔓延中です。

   先月の中頃に、”Zcon2020”の不参加を決定いたしました。
   私も含め、日本からの団体参加を予約済みでしたが、断念。
   現地からは、ライブで配信するからと言われました。

   北米NISSAN側も、プラント見学ツアーを中止しました。
   40th・Zconの時は、有った企画でしたが縮小も・・・。

   
 ○ S130(日本仕様・後期ターボ・2L・2シーター)のレストアに
   入りました。 一時期に中断していましたが、これより継続
   進行をいたします。

 ○ 同時期に、北米仕様・280ZX・Turboのレストアを受注いた
   しましたので、パーツの入手など準備に入ります。

 ○ 日本からの国際便(EMS)が、発送出来ません!
   米国・イタリア・オーストラリア向けなど、安価なEMSが、
   出荷できません。 イタリアから、日本への発送は、OKに
   なったとの事。 もっとも、このコロナの真っ最中でも、台湾・
   中国からの、EMSは届いていました。 違いは?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





















 05月03日(日曜日)

 ○ 今年のゴールデンウイークは、世界に蔓延した、疫病
   との戦いで、外出の自粛と緊急事態が発令!
   会社員は、自宅からのテレワーク! どうなるのか、
   この世界・・・。

   東京オリンピックは中止(2021年に延期)になりました。
   この新型コロナウイルス(中国の武漢から発生)が、あっと
   言うまに世界で拡散! グローバルな産業から、人の移動
   の早さが、仇に!

   マスクの不足や、人と人の距離を置く、ソーシャルディスタンス
   など、聞き慣れない横文字が、多く発生も!

   私達の生活環境が、変わってしまった、2020年の幕開け!
   「歴史に残る、世界コロナ」。 人類は元に戻れるのだろか!
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 


































 04月29日(水曜日)

 ○ ようやく新しい設定が構築出来てきていますが、未だ
   画像処理のソフトなど、確定できていません。
   インターネットエクスプローラーなど、新表示に手間取
   っている感じです。

   状況: 一部の画像処理は、以前のPCから加工して転送
       していますので、やや時間がかかるかと思います。
       以外と古い、使いやすいソフトが入ってくれたのは
       良かった!


   近況: 多くのイベントが中止になりました。
       3月ごろから、情報は入ってきましたが、5月5日の
       富士スピードウエイで開催されていた、フェアレディZ
       ミーティングも中止となり、残念な事態が続いていま
       す。 米国Zcon の開催・参加も危惧されるかと!

       通常の通販は、ご注文に応じていますが、一部の
       欠品(現地オーダー済み)パーツの輸入・搬送に
       遅れや遅延など、納期が確定出来ない状態です。

   仕事: 現場のスタッフや、私の作業などは、それぞれの
       職務をこなしています。 私の担当は、遅れていた
       Z32の事故・全塗装の鈑金作業に入りました。

       その他、Z31のデジタルメーター交換。 Z34の
       エンブレム取り付け、S130後期の全塗装最終。
       Z33のフェンダー折り曲げ、数台のZ車検受験。

       内容の大小を含め、通常の作業を進めています。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 


















 04月20日(月曜日)

 ○ すこし飛びましたが、PCの入れ替えをするので、
   1週間〜10日ぐらい、更新を停止いたします。
   これでまでのビジネスWin7から、いよいよWin10に
   替ええます。 メールもLiveからOutlookに!

   状況: ほぼまったくの不慣れなソフトになるので、もう暫く
       は、時間がかかるかとも思います。
       一部のソフトも作動が不安定か、インストール出来
       無いとか、不安もあります。


   更新予定: 
       1年以上かかって、Z32のエンジン交換をしました。
       多くの理由や、作業内容がいろいろ有ったので、順
       を追って、解説も含め更新(紹介ページ)を作って、
       みます。 オーバーヒート・ガスケット抜け!

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 



















 04月04日(土曜日)

 ○ こちらも、ようやく、Z31・300ZRのエンジン修理に
   入りました! 先月中ごろから初めてますが、エンジ
   ン不調も合わせて、作業に入っています。

   内容: エンジンからのオイル漏れ。
       VGツインカムのカムカバーからの漏れと判断。
       下周り全体にオイル付着があるので、クランク
       シールなどの定番漏れも推測しています。


   オイル漏れ対応: 
        インテーク・マニホールド脱着、カムカバー脱着と
       Z32と同様の作業をしたしました。
       それ以外のヶ所を疑う漏れは、始動確認後。

   エンジン不調: 
      一番やっかいな不良箇所の検証・確認!
      スピードメーター不良・回転と連動してエンジン不調。
      走行テストを何度もしながら検証していました。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 






















 04月03日(金曜日)

 ○ ようやく、CA州からエアーで出荷を依頼した荷物が
   届きました。 なぜこんなに日数がかかったのか!

   原因: 米国からの荷物は、2週間の隔離?・・それは無い。
       海外からの荷物は、全部消毒?・・・それも無いナ!
       人手不足だろうか・・・。


   1: 初めて依頼をした、エアフロメーターのO/H(オーバーホール)
     完全なる分解・整備が凄かった! 新品同様!
     これがアメリカのクオリティーか! 感動しました。

   2: 私は、ガソリンのフロートゲージと呼んでしまったが、
     英語圏では、ゲージはメーター内の針のこと。
     フロートは”センダー”と呼ぶそうです。

     S30系のセンダーは、2種類(日本国内)、しかし米国内
     は、3種類有ります。 製廃のセンダーを輸入しました。

   一部のパーツは、即日に発送しました。 その他、整備に必
   用だったパーツは、順次に施工・整備に入るよう予定します。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 




















 03月31日(火曜日)

 ○ やれやれ、もう3月も終わります。
   つい先日に、年末や新年も迎えましたが、今はコロナ
   一色の世界情勢です・・・。

   状況は悪くても、こちら仕事の内容に変化は有りません。
   しかし、米国内の状況は悪く、先週にカリフォルニア州に
   出されてた、「外出禁止令」の影響が・・。

   各地の取引先・海運会社・サプライヤー・Nissanディーラー
   など、多くの企業から、英文メールが届きます。

   まだ状況からして、メールが来るのは理解出来ますが注文
   の回答や、緊急エアー出荷のパーツが届かない!

   S30の補修パネル・ウエザーストリップ・センダー・エアフロ。
   現地CA州を、20日発送・エアーにて!
   23日には成田に到着・UPS。

   そこから、動かない・・!

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 




























 03月30日(月曜日)

 ○ 定休日ですので、個人の車両(ホンダ車)をいじって
   いました! まっ、勉強にもなりますので。

   車両: ホンダ フリード・スパイク、2015年(平成27年)。
       中古車で購入。 先代のホンダ・モビリオと入れ替。
       コンパクトミニバン!初めてのハイブリッド車です。


   1: ヘッドライトを分解して、最新のSMDイカリングと、最新
      のシーケンシャル・ウンカー&デイライトを、施工してみ
      ました。 流れるウインカーです。

   2: ドアミラーにも、流れるウインカーや、エントランス照明
      や、デイライトなど、その他のミラーガラス交換もして
      みました。

   その他、純正ナビから、地デジ付きのナビに交換。
   LEDキッププレートや、内装にLED照明付きなど、多くは
   中古のパーツを入手して、交換をしてみています。

   車両はカミさんの車ですが、最近キャンプにハマっている
   次女と行くために、2列シートのスパイクを選びました。

   ホンダ独自のカーライフを演出する、こうした車種の開発
   が、とてもユニークで面白いです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 






























 03月29日(日曜日)

 ○ Z34・nismoの中期仕様(走行6700km)。
   別のショップ(今は無し)での、ECUチューン!

   要請: 当社のECUチューンと、LEDカスタムヘッドライト
       の施工。 それから、現行のnismo・サイドスカート
       と、交換・塗装作業の依頼を受けました。


   対応: ヘッドライトは、分解後にクローム部分をブラック
       塗装にしてから、SMDのイカリングや、プロジェク
       ターなどの加工をいたしました。

       ECUチューンは、他社での書き換えをしているので
       可能なのか迷いは有りましたが、トライ出来ました。

       左右のnismoサイドスカートを、現行の3wayカラー
       のサイドスカートに交換しました。 

   同色カラー(K23)のサイドスカートが、欠品中だったので、
   あの赤色のラインを消すためにも、塗装作業をしました。

   余談ですがメーカー側、欠品パーツが多く発生しています。
   別件で、トヨタのパーツを注文しましたが、間違ってダブル
   オーダーになって、50個のパーツが届きましたが、2日で
   納品されたのは、驚きでした!

   今の日産自動車は、メーカーとして機能しているのか、
   サプライヤーとして、危惧を感じ得ません

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 



























 03月28日(土曜日)

 ○ Z34・nismoの修理は、この記載の日程で作業をして
   いる訳ではありませんが、解説をしやすいように編修
   していますので、ご容赦ください。


   前フェンダーの交換をして、塗装はパールホワイト。
   調色・色合わせをしますが、パール系は見る角度の違いで、
   色の偏光をするので、平面部位ではボカシ塗装が必要です。

   この場合、フェンダーから連結する、ドアーにかけて塗装の
   ボカシ施工をいたしました

   さて、フロントバンパー(交換)や、サイドスカート(交換)は、
   塗装済みのパーツが届くので、組み替え作業のみと成りま
   す。

   ヘッドライトも組み替えの交換作業をいたしました。
   タイヤは、損傷の有った左側は、保険で交換出来ますが、
   右側のタイヤ費用は、出ませんので自費交換となります。
   これで、4輪のアライメント測定が可能と成ります。

   新品タイヤと、減ったタイヤとの組み合わせでは、バランス
   が均等になりませんからね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 



























 03月27日(金曜日)

 ○ Z34・nismoの現行車両は、車両庫保険での事故。
   高額パーツが、多くあるため査定が大変でした。

   その1: バンパー・フェンダー・足周りの左側の単独事故。
        車軸のアームが折れて、タイヤは車体にめり込ん
        で、走行不能に。


   対応: 保険会社のアジャスターとの、査定交渉から作業
        に成ります。 
        フロントバンバー・フェンダー・タイヤとホイールは
        左側の前後・サイドスカート・ヘッドライトなどが、
        交換対象品目に上がってきました。

        差額は、発生しませんが高額パーツが多いので
        修理工場側の一時負担が大変です。  

   同時期に、中期のZ34・バージョンnismoも入庫しています。
   こちらは、ECUチューンと、ヘッドライトの新nismo仕様加工
   や、LEDカスタム加工と、サイドスカートを現行仕様に交換。

   同じnismo仕様車ですが、前バンパーのアンダーカバーが、
   まったく違うことに気づかされました。 後日に紹介します。

   まずは、このZ34・現行nismoの修理から紹介いたします。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 























 03月26日(木曜日)

 ○ Z33も同じような案件です。当て逃げされ、修理です
   が、相手が不明なため、車両保険にて対応しました。

   その1: 前バンパーの左側を、当て逃げされたようですが、
        当初は凹んでいたそうですが、復元力で見た目は
        普通に見えます。 でもキズや、ややの凹みは有り。


   対応: 保険会社のアジャスターは、交換を渋っていました
        が、本人希望で交換を認めていただき、後期型の
        フロントバンバーに交換をする事に。
 
        パーツ類の差額は、本人負担となります。左右に
        カメラが付いていたので、加工作業が有りなのと、
        3wayコート塗装だったので、調色が困難でした。  

   事故対応の保険査定は、車両保険では、やや厳しく査定を
   されるようですね。 対物保険での被害者査定では、かなり
   部分をカバーしてくれます。

   今回は、保険側が疑っているかのように、交換確認に再来店
   をしに来ました。後期バンパーに交換しても問題は有りません。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 


















 03月25日(水曜日)

 ○ Z32は、駐車場で当て逃げされ、修理です。

   その1: 前バンパーの左側を、当て逃げされたのですが、
        駐車場の防犯カメラから、相手車両を特定!
        相手の運転手が認めたことで、対物保険で修理。


   対応: 本人希望で、後期型のフロントバンバーに交換を
       する事に。 パーツ類の差額は、本人負担。 
       バンパーの損傷は、小さかったですが、当て逃げ
       は、悪質ですから。

       ついでに、フェンダー加工やウインカーの穴埋めを
       いたしました。
       バンパーのナンバープレート台座部分も削り、スム
       ージングしました。

       加工・塗装などで、カスタムな仕様になりました。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 















 03月24日(火曜日)

 ○ Z32の、おっと飛び込みの緊急修理依頼。

   その1: 運転席側の窓ガラスが動かない・・!
        やや開いたままで、雨などの侵入!
        緊急でモーター交換の作業です。


   対応: はてさて、モーターは製廃です。
        昨年にメーカー側の純正PWモーターが製廃に。
        最終価格は、左右でやや違いますが、¥47000
        位、だったと思います。

       中古モーター。社外品の新品モーター。当時、新車
       から外した、新古モーターからの選択で交換します。

       まっ、一番】低価格な中古モーターで対応しました。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 





























 03月23日(月曜日)

 ○ Z32は、昨年の6月ごろに車検を当社でしました。
   その時、前左側のホイールスピンドルに異常を感じ
   ていたので、オーナーに伝えて納車しました。

   その1: 納車後、数ヶ月でオーナーも異常を感じて入庫。
        点検では、ナックルスピンドルやベアリング交換
        の必要性を判断!


   対応: ホイールを外し、ブレーキキャリパーも横に脱着。
       回転部位のスピンドルを、分解脱着。

       原因は、ベアリングの不良! スピンドルは、イン
       ナー側とアウター側の2個のベアリングで支えて
       いますが、防水シールが切れて、水が浸入!

       これが、ベアリングをサビさせてしまい、異音が発
       性していました。 ここは全部の交換をしました。

   その他、2台のZ31は、双方ともに事故修理。
   2台共にもらい事故なので、保険対応です。 1台はランプ
   などの差額を本人支払いで、後期バンパーに交換予定。

   もう1台は、全損になるような、無過失事故だったのですが、
   本人希望で、修理をすることになりました。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
























 03月22日(日曜日)

 ○ Z31系のもう一台は、車検(他では出来なかった)
   を昨年にしましたが、その後にオーバーヒートで止ま
   ったとの事で、3月に入庫・・・・ガスケット抜け!

   その1: エンジン停止にて、レッカー車で入庫。
        点検後、ヘッドガスケット抜けが判明。
        エンジンのO/Hか、交換の判断!


   対応: エンジンのO/Hでは、100万ぐらいの費用が掛か
       ので、見つけた中古のエンジン交換で、対応をす
       ることにしました。
       予定は、4月以降になるかと思います。

   その他、2台のZ31は、50th車ですが、1台はデジタル
   メーターの修理。 もう1台の50th車は、車検ですが車体
   や内装の傷みがひどく、取りあえず車検をなんとか、取得
   することと、してみます。

   後期、北米仕様のZ31は、ECUの不調で、米国NISSAN
   側で、O/Hを依頼して送りました。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 


















 03月21日(土曜日)

 ○ Z31系は、やや珍しい”300ZR”の修理依頼。

   その1: エンジン不調から、入庫予定日に走行中に衝撃
        が有り、走行不能に!!
        レッカー車に引かれて、入庫したのは昨年の暮れ。


   対応: 300ZRは、4輪アンチスキッド仕様のため、デフ
       の前に回転センサーが有るので、他のZ31系とは、
       プロペラシャフトの長さ等が異なります。
       もちろんのごとく、パーツは製廃となってます。

       Z31のVG系・3リッターターボ車や、200ZRの5速
       を集めて、切断・溶接・バランス調整・塗装などして、
       製作しましたが、破断したジャーナル部にガタなど、
       不良の無いパーツを集めるのが大変でした。

       エンジン不調・オイル漏れ・車検の作業を継続中。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 



















 03月20日(金曜日) ”春分の日”休日

 ○ S130系は、後期の天井材を修理しました。

   その1: 内装材の補修は、こうした職業を生業とする職人
        や会社が廃業してしまい、素材の入手(主に米国)
        を含め、当社内で施工をしています。


   対応: 内装がブラック系の旧車では、なんとか国内調達
       が可能です。 購入は1本のロールで購入します。

       剥離の原因は、表面生地と、下地のボードの間にあ
       をスポンジのクッション劣化による、分離です。
       このクッション素材の剥がし作業が大変です。

       カラー内装の素材は、米国(CA州)のマテリアル
       (素材問屋)で、探してきました。 とってもヤバイ
       地域にありましたね。 サンプル本は、以前に米国
       から取り寄せた、貴重なデーター資料です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 












 

 

 

 

 







 
 03月19日(木曜日)

  ○ S130系は、前期の修理と後期の全塗装を紹介。

    前期の2リッター車は、ディーラーでの車検時にリアー
    からの異音を指摘され、ドライブジャーナル部不良との
    ことで、弊社に修理を依頼された。

    後期のSOLEX、2.8リッター車は、台風被害による、
    全塗装作業と、その他の付帯作業。
    

    その1: 前期のS130は、リアーのドライブシャフトのクロス
         ジャーナルの分解交換です。
珍しい作業!

    対応: パーツの入手は、通常で可能です。ガタの発生!
         ここのパーツは、近年通常は非分解の部位です。
         S30なども、ここは修理可能です。
          ( 画像1  画像2 )


    その2: 後期の、SOLEX仕様、2.8Lエンジンの全塗装。
    
    内容: 車体のキズや凹みは、台風での被害です。
         フロアーや、前ガラスの周辺は、よく見かける、腐食
         です。 状態は良い方でしたが、これで甦るでしょう。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






































 03月18日(水曜日)

  ○ 令和2年、2020年の更新を始めました。
    忙しい3月ですが、「新コロナウイルス」が世界的な広がり
    をしてしまった状況で、海外の友人達とも情報交換をして
    います。

  こんな時ですが、仕事の話しに切り替えて、更新をしました。
    ・・・・(こんな時だからこそと、思いました!)


    ただ今、弊社でお預かりしている”Z達”は、S30系が2/2
    を含めて、4台。 S130系は、日本仕様のみで、3台。
    Z31系が、北米車や300ZR・200ZRも含めて、5台。
    Z32系は、2台。 Z33系は、1台。 Z34系は、2台です。

  ○ S30系は、最終型の2/2の修理を紹介いたします。
    

    その1: ドアーのロックシリンダーの摩耗で、ロックの開閉
         が、スムーズに可動しない案件。


    対応: 修理の方法は、ドアーシリンダーを外して、摩耗した
         部位を溶接で肉盛りをして、小ヤスリで削り合わせ、
         サビ止め加工も施して、何度か作動確認をして微
         調整をしました。 ( 画像1  画像2 )

    その2: ガソリン漏れ!(修理は、後日に紹介します)
    
    対策: パーツは製廃。日本仕様は、前期と後期の2種類。
         北米仕様は、3種類。米国の最終型は、日本仕様
         には、無いタイプ。緊急で米国より輸入で到着待ち。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・